クラーチ溝の口

ごあいさつ

代表者あいさつ

「シニア住宅における あるべき姿を実現する」

日本は、世界でも類を見ないスピードで超高齢社会を迎えていますが、2000年の介護保険制度の施行により、多くのシニア住宅・介護事業者が続々と誕生し、シニア世代の皆さまにとっては老後のライフプランの選択肢が広がってまいりました。その一方で、まだ業界全体のサービスの質は発展途上であり、今後さらなる向上が必要であると感じております。

そんな中、私どもクラーチでは、「本当の意味での良いシニア住宅はどうあるべきか?」を常に問い、ご入居者にサービスを提供していきたいと考えております。

当然のことながら、これまで住み慣れたご自宅から、クラーチへとご入居される大きな人生の転機をご決断いただく過程やクラーチでの新たな生活に期待されていることは、皆さまお一人おひとり異なります。

そのことを念頭に置きながら、「お一人おひとりのライフプランに合わせたきめ細やかな対応」と「おもてなしの心」によって、居心地の良い快適な居住空間を演出できるよう社員一丸となり、サービスに取り組んでまいります。

クラーチとはエスペラント語で「医療」を意味する言葉ですが、その中には「ナーシングケア、癒しをもたらす」と言う意味が内在されています。

将来、日本を代表する「癒しをもたらす」シニア住宅・介護事業オペレーターとなることを目指し、日々精進してまいります。

株式会社クラーチ
株式会社クラーチ・エレガンタ本郷
代表取締役 鮫島 智啓

施設長あいさつ

高齢者には医療と介護があればそれで良いのでしょうか。
確かに、高齢者にとって、医療と介護は非常に重要なものです。
しかし、それだけで高齢者の方々が生き生きと過ごせるかといえば、そうではないと皆さんも思われることでしょう。
私達は、高齢者にとって必要なものは医療・介護と「生きがい」ではないかと考えています。
人は、高齢になり仕事や子育てから解放されると同時に、社会性も徐々に失われてしまいがちなものです。社会性が失われていけば、「生きがい」を持ち続けるのも難しくなってはこないでしょうか。
クラーチ溝の口では、介護付有料老人ホームでの医療・介護サービスの安心感の中で、高齢者の方々がお互いを尊重しあいながら認め合う、一つの社会(街)が作られています。高齢になっても、身体状況に応じてイベントやサークル活動に参加されるなど、趣味や娯楽を楽しみながら充実した毎日を過ごされています。
是非一度クラーチ溝の口に足をお運びいただき、クラーチでの生き生きとした生活の雰囲気を直接肌で感じ取っていただければと思います。

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

クラーチ溝の口
支配人 高橋 憲一郎

運営会社について

運営会社である株式会社クラーチは、キャピタルメディカグループの一員です。
株式会社キャピタルメディカは、全国20以上の病院の経営支援を行っています。病院の管理・運営体制の再構築、近隣施設との連携作りを病院の職員の方と協業しながら推進しています。
医療の現場を知り、高齢者にとって必要な医療を理解している会社が運営を行っているので、実際に施設で提供される介護・医療サービスも高齢者のニーズに合致するものを提供することが可能です。

EUCALIA

 
 
 
 

facebookも随時更新中!!