クラーチ・エレガンタ本郷

クラーチ通信

イベント

人気のお店へ食べに行こう「英多郎寿司」 7/22

今回の人気のお店へ食べに行こうは、地元近く池之端にあるお寿司屋さん「英多郎寿司」さんです

不忍池の目の前にあるお店です

こじんまりとした空間随所に木のぬくもりを感じる洒落た店内で、ほっとさせてくれます

写真は優しい笑顔の素敵な寿司職人のオーナーさんです

この度はお世話になりました

 

 

 

 

席は個室を予約し、1.5人前のランチ握りを召し上がって頂きました

 

ここの握りずしは「煮切り醤油」をあらかじめつけてあり、醤油をつけなくてもそのまま食べられるというお寿司でした

 

これが握り1.5人前です

ネタがつるつるのピカピカに輝いていました

 

口の中でネタがとろけます・・・・・

 

久しぶりに美味しいお寿司を食べました~♪

 

 

皆さま、多いわとおっしゃりながら、完食です!!

 

 

 

 

そして、赤だしも上品な味・・・お茶がまたほんのり甘くて美味しく、皆さまおかわりしていらっしゃいましたよ♪

 

こちらのお店は出前もやっているということで、パンフレットを貰って帰ってきました

 

美味しいお寿司を握って下さり有難うございました!ご馳走さまです!!!!また行きますね!!

 

 

 

 

 

 

お知らせ

七夕・夏装飾 7/7

今年も七夕が巡って来ました

皆様は今年はどのような願いを短冊に託されたのでしょうか・・・・・・

クラーチの短冊には、やはり健康についてのお願いが多かったですね。そして今年は東北の復興についての希望を託した短冊もいくつかありました

皆様の願いが叶いますように・・・・・・

 

 

 

 

 

この笹は1階のロビーの箱庭に植えてあり、その周りには夏の砂浜をイメージして流木や貝殻やカモメが飛び交っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、5階フロントカウンターや11階エレベーター前やダイニングにも涼しげな装飾が施されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金魚が泳いでいますね♪ 8月いっぱいこの可愛らしい装飾でお楽しみ下さい♪

(ちなみにこの金魚はおもちゃです)

11階ベランダでは朝顔や、ゴーヤなどいろいろ育てていますが・・・・この暑さで焼けてしまわないか心配です・・・・育ちましたらまたこちらでご報告致します♪

 

 

 

イベント

紫陽花まつり 6/6

 今年の紫陽花まつりは、講談師・真打 一龍斎春水さんをお迎えしてのイベントを行いました

一龍斎春水さんは、TVアニメーションの人気キャラクターを数多く演じて来られ 「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」「オバケのQ太郎」など昭和40年代生まれの人には大変馴染みのある方で、なんと今回、講談前の自己紹介でそのヒロインのキャラクターを実演して下さり、スタッフが大興奮!!(失礼致しました)

 

また、ご自身のお母様の介護をの経験をお話し下さり、椅子から身を乗り出して熱心に聞いているご入居者もいらっしゃいました

一龍斎さんの透き通るような聞きやすい声、流れるような喋り、そしてユーモアたっぷりの話に皆さま聞き入り、笑顔になっていらっしゃいました

 

 

また、声を出す練習で講談の基本中の基本という「三方ヶ原軍記」を教えて下さり、資料を見ながら皆さま大きな声で参加して いました

 

 

そして、講談はクラーチ・エレガンタ本郷の土地柄に合わせて「一葉の恋」という、本郷が舞台の樋口一葉の物語・・・その世界観にググッと皆さま引き込まれ、また知っている地名が出て来るたびに大きく頷いている方もいらっしやいました

 

最後に三方ヶ原軍記で一番大きな声を出して下さったご入居者から、花束の贈呈をして頂きました

一龍斎さんも「大きな声を出してくださっていましたね」と声をかけて下さっていました

素晴らしい講談を聞かせて下さり、本当に有難うございました

 

 

イベント

人気のお店へ食べに行こう!スペシャル!! 5/30

人気の外食イベントのスペシャル版!ミシュランの二つ星レストランの厲家菜(れいかさい)に行ってきました

厲家菜は六本木のけやき坂にある店舗で、西太后の愛した宮廷料理を化学調味料を一切使わず格調ある上品な味わいで提供しています

私達が訪問した日は北京から料理長の厲 愛茵(レイ アイイン)さんが来日しているというラッキーなタイミングでした

送迎も全て店舗側の手配で、タクシーに乗って行きました

そして到着した店舗の構えの荘厳なこと・・・

清王朝と現代モダンがマッチしています

 

 

左はお店が掲載されている2008年のミシュランガイド
右は今回の為に特別に用意してくれたメニュー

こんな感じで作って下さいました!!綺麗です

クリックすると少し大きくなります(戻る時はブラウザの「戻る(←)」ボタンで戻って下さい)

 

左の写真は厲家菜の支配人さんで、店舗やお食事の説明をしてくださいました

右の写真は今回の企画・演出してくれた立役者の主任さんです

 

車の手配や飲み物の手配、細やかなサービスを有難うございました

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよお食事のスタートです
お店のご厚意で、紹興酒も飲み放題にして下さり、皆さま思いきりお食事とお酒を楽しまれました
話しも弾んで、とても和気あいあいとした雰囲気となりました

 

 

 

 

 

 

お食事を少しだけご紹介します

前菜の20品は一口サイズで「食べるのがもったいない」ほど素敵に盛られてサービスされました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後メインの「秘伝・沖縄産豚肉の醤油煮込み」「アカハタの揚げ物辛醤油ソース」、そしてスープ、デザートが頃合いを見計らってサービスされました
すべて美味!上品!

 

 

 

こちらの女性が 料理長の厲 愛茵(レイ アイイン)さんです

 

この度は大変美味しいお料理を作って下さり有難うございました

これからも西太后の愛した宮廷料理を多くの方に楽しんで貰えるよう、御身大切に頑張って下さい!

梅雨のはじめの あいにくの雨天でしたが お料理を堪能した皆様の どのお顔も 晴れ晴れとされていました

 

 

 

 

イベント

端午の節句イベント「雅楽コンサート」 5/2

今年の端午の節句イベントは、クラーチ初となる雅楽のコンサートを11階のダイニングで行いました

このコンサートはレクチャー形式で、楽器の紹介や一緒に歌ったりしながら開催されました

~プログラム~

■自己紹介と雅楽について ■五常楽急(ごしょうらくのきゅう) ■楽器の紹介 ■雅楽の唱歌指導 ■越天楽(えてんらく) といった内容でお送りしました

 

 

 

本日のコンサートで使われた楽器は「笙」(3人のうち一番右)「竜笛」(一番左)篳篥(ひちりき・中央)

 

 

 

楽器の素材や、演奏方法を教えてもらいました

 

笙はこの写真のように温めないと音が出ない、篳篥は水に舌(という吹く時に口に咥える部分)をつける など知らなかった雅楽の世界を知ることが出来ました

 

 

 

 

 次は唱歌の練習です

越天楽を声に出して歌うという素晴らしい体験

 

 

 

越天楽は黒田節のもとになっている楽曲

 

皆さんも真剣に取り組まれ、声を出していらっしゃいました

 

 

 

 

演奏者の方の説明は はきはきとわかりやすく、また時折ジョークも交え、楽しくレクチャーをして下さるので、皆様もニコニコと聞き入っていらっしゃいました

 

 

竜笛の奏者が笛の紹介で、篠笛も披露して下さいました

篠笛はおまつりの囃子でよく聞く楽器です♪

この音色を聞くとお祭りを連想して心がうきうきとしてきます

 

 

 

 

 

今回の雅楽奏者の皆様はステキな女性3名で、明るく華やいだコンサートとなりました

最後にご入居者から演奏者の皆様に花束を贈って頂きました

雅楽は親しみやすいものである。ということを学ばせて頂きました

楽しい時間を有難うございました

 

facebookも随時更新中!!