ホスピタリティにおいて一流であること。

目指すのはNo.1。

介護の常識にとらわれず、自らを変革しつづける。

WE ARE KURACI.

サービスに、住空間に、すごしていただく時間に、

一つひとつにこだわりと想いをこめて。

ホスピタリティにおいて

一流であること。目指すのはNo.1。

介護の常識にとらわれず、

自らを変革しつづける。

WE ARE KURACI.

サービスに、住空間に、

すごしていただく時間に、一つひとつに

こだわりと想いをこめて。

-SERVICE-

ホスピタリティNo1のサービスを目指して。

その方を理解し、敬い、心によりそう。その想いを基礎に、介護・医療における知識や技術を日々研鑽し続ける。私たちは、提供するサービスにおけるNo1 のホスピタリティを追求します。

-GOOD TIME-

細部まで本物にこだわる。イベントのクラーチ。

クラーチでは季節を感じるイベントや日常に彩を添えるイベントを行っています。ご入居者の満足を一番に考え、演出や雰囲気づくりに徹底してこだわります。

-HOUSING DESIGN-

妥協なきこだわり。住空間の創造。

ホームのデザインから導線、調度品に至るまで使いやすさ、見え方すべてにこだわっています。ご入居者だけでなく、ご家族にも居心地がいいホームを作り続けています。

ご挨拶 / greeting

クラーチは、高齢者の住まいに新たな価値を創造し、 これからの世代にふさわしい魅力ある住空間とサービスを提供します。

株式会社クラーチの総合ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当社は2001年に設立し、10年以上にわたり「クラーチ溝の口」に代表されるシニア向け住宅の運営を行い、これまで多くのお客様にお住まいいただいております。この間、日本では高齢者人口の急増、老後のライフスタイルに対する意識の変化も芽生え、住まいに求められるニーズは多様化し、運営現場でも日々のサービスの在り方に、変化が求められてきております。

それは、これまでの介護施設にイメージされるような消極的な生活ではなく、自らが必要とする住環境設備やあらゆるサービスを選択し、自分らしく人生を過ごすことのできる積極的なライフスタイルを望むようになったからではないでしょうか。 当社では、このように社会が求めているニーズに応えるべく、常に新しい発想でシニア向けサービスを提案し続ける企業でありたいと考えています。
その中で当社が大事にしている基本コンセプトには、

1.終の住まいとして上質で居心地のよい空間演出
2.できるだけ介護を必要とせず、元気であり続けられる健康サービスの提供
3.お客様の期待を上回るホスピタリティの追求

といった「空間演出・健康サービス・ホスピタリティ」の3つがあり、全社で統一したものにとどまらず、お客様のニーズに合わせ、ホームごとに工夫し、独自の特色を打ち出しながら、これらのコンセプトを具現化しています。

これは、お客様に喜んでいただくサービスはできるだけマニュアル化しないことが、お客様により幸せを感じてもらえると考えているからです。 そのため社員一人ひとりは、お客様にとって最良のサービスは何であるかを考え、実行しています。そのことが、社員にとってやりがいを感じるともに、自身の成長につながっています。

お客様の幸せを通じて社員が幸せを感じる、社員の成長をもって会社を成長させる- クラーチでは、この思いとともに高齢者の住まいとサービスの”あるべき姿“を実現すべく、社員一丸となって運営を行っておりますので、ぜひ当ホームページをご覧いただき、お気軽にクラーチへお越しください。心よりお待ちいたしております。

株式会社クラーチ 代表取締役
鮫島 智啓

グループ理念 / philosophy

“在るべき姿を実現する” Realize what it should be.

ーキャピタルメディカグループー
医療・介護を中心としたヘルスケア分野で、
病院の経営・運営を受託、各種施設の経営を行うグループです。
昨日より今日、今日より明日、社会は常に「より良い未来」を求めて進化しています。
私たちキャピタルメディカは、どんな困難な状況があろうとも「より良い未来」を創造するために強い信念を持って行動していきます。

ビジョン / vision

介護業界は、福祉からサービスへの転換期を迎えているといわれるなか、業界の再編成が急ピッチですすみ、それぞれの会社が将来へのビジョンを描きにくい状況となっています。
株式会社クラーチは、キャピタルメディカグループの強みを生かし、介護事業、高齢者事業の常識を覆す、独自の革新的なサービスを展開するクラーチブランドを立ち上げ、その事業展開により高い成長性を維持しています。

事業展開 / business

Medical

■最先端の認知症予防プログラム「アタマカラダ!ジム」の導入

アルツハイマー型認知症基礎研究の第一人者である東京大学・富田教授の全体監修のもと、認知症発症リスクを低減させるプログラム「アタマカラダ!ジム」を独自開発し、クラーチにて先行導入しています 。

認知症発症前の軽度認知障害(MCI)という段階で適切な対応をすれば30.2%の方が健全な脳の状態に戻すことができるという研究結果※1に着目し、最先端の認知症予防プログラムを完成させました。

※1 Manly JJ. Bell-McGinty S. Tang MX. Et al. Implementing diagnostic criteria and estimating frequency of mild cognitive in an urban community. Arch Neurol.
2005:62(11):1739-1746

・高精度なMCIスクリーニングテスト
軽度認知障害(MCI)を発見するためのスクリーニングテストを、東京都健康長寿医療センターの学術的指導のもとに開発。

・学術論文を基にした効果的な脳刺激運動プログラム
認知症発症リスク低減プログラムを、運動のプロフェッショナルであるジェイアール東日本スポーツと共同開発。

・臨床研究の活用が可能なデータストレージ機能
利用者情報(クリニカル情報、生活習慣情報など)や認知症リスク低減プログラムをストレージするデータベースを実装。

軽度認知障害(MCI)を早期に発見し、認知症発症を予防するプログラムの実施により、認知症にならない・させない施設の実現を目指します。

介護施設用情報端末

ICT(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)を活用したサービス向上

これまでに独自開発し各ホームへの運用導入を実施した介護情報記録システム「ユカリアケア」、睡眠・心拍・呼吸を継続モニタリングする非接触の生体スキャン、ホーム情報をコンテンツ発信するデジタルサイネージなど先進のIT技術を活用し、ご入居者・ご家族・サービス提供者・医療機関等を有機的に結び付けるシステムに発展させていきます。

Communi-
cation

Global

介護サービスの海外展開

拡がるアジア市場に向けて無限大の可能性

アジア諸国における高齢化は、これから加速していくことが確実視されており、それに伴い、私たちのビジネス展開の可能性も無限に広がっています。日本で確立したクラーチのシニア向けサービスをベースに、アジア市場において介護事業を展開する計画です。