クラーチ溝の口

お知らせ

お知らせ

3/24桜・クラーチ溝の口2020

コロナに負けるな!!

我々クラーチシリーズの仲間も一丸となって新型コロナウィルスに負けないよう、イベントの自粛や衛生面での対応などを強化している毎日です。

ホームページをご覧の皆様もご多分に漏れずご苦労されていることと思いますが、どうかご自愛いただきこの危機を一緒に乗り越えていきましょう。

と、少し暗いご挨拶になってしまいましたが、、、春の便りが今年もクラーチ溝の口にもやってきたのでご紹介させていただきます。

 

 

この日は冷たい風が強くほぼ1日中吹いており、咲いた桜の花びらを吹き飛ばしてしまうのではないかと心配になるほどの強さでしたが、まだ花開いて日が経っていないので、つぼみがしっかりしているので、風に枝がしなっているだけ。

花芽たちはもっと咲こうと頑張っている感じに見えました。

 

そして、この雲一つない抜けるような青い空。

太陽の光がきらきらと降り注ぎ、クラーチ溝の口の玄関前を明るく照らしていました。

その玄関前に1本の桜の木が、、、、毎年きれいな花を咲かせるのです。今は八分咲きというところでしょうか?

春の芽吹きを画像から感じていただけたら幸いです。(画像をクリックすると大きくなります)

 

 

 

 

 

いかがですか?

元気に咲く花にちょっと癒されて。。。

花見も自粛ムードですが、玄関先の花を愛でるものまた一興♪

 

 

 

 

いつまで咲いているのか観察したいと思います(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

2/25 感染症への取り組み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

1/1 明けましておめでとうございます

皆様、明けましておめでとうございます。

令和という新しい年号に変わり、次の時代が到来したような夜明けをクラーチ溝の口も迎えました。

 

 

 

 

本年も皆様に幸多からんことをお祈りいたします。

 

 

 

支配人挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

12/1 クリスマス装飾

令和元年の冬もクラーチ溝の口はクリスマスイルミネーションの柔らかな光に包まれています。

 

こちらはクラーチ溝の口のエントランス、フロント前の装飾です。

大小のツリーの下にはプレゼントが置かれ、2階との吹き抜けの壁には大きなリースが来客のお迎えと、お見送りをしています。

 

 

 

 

 

 

ツリーに近づいてみましょう。

白のLEDライトのおかげで上品なエントランスに見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

フロント窓口の飾りは手続きをする方をサンタがお出迎えしています。

サンタのコロッとしたフォルムが可愛いと評判です。

 

 

 

 

 

そして、こちらも恒例になったプレセビオです。

キリスト降誕のシーンを再現した海外の教会やモールなどに置かれる精巧な造りの置物です。

 

館内へ入った正面に設置しています。

 

 

そして、メインの飾りは1階のダイニングです。

出入口付近にはフレッシュなもみの木を設置し、イングリッシュガーデンはブルーのイルミネーションを基本に飾り付けされています。

今年は、ルイス・キャロル原作「不思議の国のアリス」をモチーフに、19世紀のイギリスをイメージしたイングリッシュガーデンになっている。。。。。はず。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時計ウサギが飛び出してきそう(!?)

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのイルミネーションは、来年1月13日までお楽しみいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

7/7 七夕

今年も七夕の季節が巡ってまいりました。

素敵な願いを綴った短冊が、大きな笹にいくつも飾られ、見ている方々を温かい気持ちにさせてくれました。

 

今年は天候が不順で、気分も湿りがちな日が続きましたが、この色とりどりの飾りと願いのこもった短冊を眺めていると、晴れ晴れとした気持ちになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さまは今年は短冊にどのような願いをこめられましたか?

素敵な願い、かなうと良いですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

facebookも随時更新中!!