都会型シニア住宅 クラーチ溝の口

クラーチ通信

イベント

クラーチ溝の口・文化祭2020 11/13~11/15

今年の文化祭は、「新しい日常の中で行う”文化祭”」として、感染症防止対策の中で「今できる事を出来る範囲で」実施することにしました。

これまで作品展示と共に行っていた各サークルの発表や人が多く集まるイベントは中止とし、作品展示だけ。

また展示場所もダイニングだけでなくアトリエやミーティングルームも併用して展示しました。

そして、最大限ご入居者に楽しんでいただけるようにと屋上での「青空カフェ」・「スタッフの動画メッセージ」上映・ハズレなしお楽しみ抽選、そして毎月15日に行っているレストラン企画の「ご当地メニューを食べよう」の文化祭とのコラボレーション”和牛シチュー”ディナーを実施し日常の中の非日常を演出し、提供させていただきました。

 

 

 

 

ダイニングにはお花の会サークルの作品と、書道教室の作品を飾り、アトリエにはデッサン教室、陶芸教室、絵手紙教室の作品を中心に、個人作品展示も交えての展示会場にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトリエの道具や棚類は目かくしをし、もともとある石膏の銅像を作品の間に配置してアクセントにしたのが功を奏し、ちょっとした美術館のような趣になりました。

その中には、ケアスタッフの折り紙に驚嘆した皆様から制作したスタッフが質問攻めになった場面があったりと、コミュニケーションの場にもなりました。

 

 

少し小さめなミーティングルームには、水彩画教室や個人出展の写真や絵画等の額入り作品、介護契約されている方がレクリエーションで制作した作品の数々を展示させていただきました。

 

こちらもちょっとした個展会場のような雰囲気になり、特に苔玉作品に「かわいい」と注目が集まりました。。。

 

今回の文化祭で良かった点は、会場を分散させたことで密になるのを防げたこと、そして他のイベントがなかったことで時間にゆとりができ、ゆっくりと作品を鑑賞することができたということ。これらは次回からの文化祭開催におけるプログラム作りの参考になりました。

 

 

 

 

11/13(金)の「青空カフェ」では、96名様が残暑を思わせる雲一つない快晴の中、ウッドデッキに集い、「抹茶ラテ」「おぜんざい」「手焼きせんべい」をお楽しみいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口で手指消毒をしてトレイを受け取り、順番に屋台を回っていただきました。

青空の下、お日様を浴びながら参加した皆様の笑顔やご様子から、のんびりした秋の午後を楽しんでいただけたように思います。

 

動画メッセージでは、約15分にまとめたクラーチ溝の口に携わるスタッフ、関連業者の方々の温かいメッセージを視聴していただきました。クラーチ溝の口で楽しく、お元気にお過ごしいただけますようにとの願いを込めてそれぞれが趣向を凝らして撮影にいどみました。

 

最後に・・・

音楽祭を楽しみに練習に励んで来られたサークルの方々には、残念なことになって申し訳ない思いです。

来年の文化祭は、音楽祭もできるようコロナを乗り越えた「違う形」が形成されると信じていますし、創り上げていかなくてはなりません。前進あるのみ!!増えた練習期間を有効に使っていただき、来年の文化祭発表を楽しみにお待ちください。

 

 

※クラーチ溝の口では、引き続き外部の皆様は4名様まで、1時間以内での滞在時間で「マスク着用」、「うがい&手指消毒」、「検温」、「入館記録」を実施しています。

不要不急なご来場はできるだけご遠慮いただき、来館される際には体調にご留意の上、上記対策にご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

イベント

7/23 SUMMER BBQ

コロナ禍ではありますが、3密を避け、消毒、換気を徹底し、ランチタイムのBBQをダイニングで開催しました。

2部制にして入替時に換気と消毒を実施。。。また、席も4人掛けテーブルなどは椅子を間引し、ソーシャルディスタンスを保つように配置。配膳もスタッフが行い、極力ご入居者がスタッフ含め多人数と接触しないようにという形で実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え、様々な注意を払いつつも皆様に楽しんでいただく為に、自分たちも「明るく楽しく」を心掛け、久しぶりのイベントをご入居者と一緒に楽しませていただきました。

美味しいお肉を食べていただこうと、ステーキを炭で焼き一口大にカットして盛り付け、定食としてご堪能いただきました。肉が苦手な方とお部屋で召し上がる方は「イサキ」の塩焼きをご提供いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉はもちろんお代わり自由です。皆様1回以上お代わりをされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧ください!この美味しそうなお肉。。。

軽く塩コショウしたお肉を炭火で程よく焼いてお出しします。

 

脂の多いサーロインは焼くと脂が溶け落ちて下から炎が上がります。。。いい具合に焦げが、、、本当に美味しそう、、、いや美味しいお肉でした。

 

参加された皆様も、こちらのお願いをきちんと守ってくださり、その上で久しぶりのイベントを楽しんでくださった様子です。お帰りになる際にはほとんどの方に美味しかったと笑顔でおっしゃっていただけたので、こちらも実施してよかったと感激いたしました。これまでと同じように手放しでは行きません。何か一つ、二つと胸につかえるものがありますが、できる範囲で今できることをご入居者へ提供していけたらと強く思いました。

 

それにしても久しぶりに立ちっぱなしだったのでクタクタ、、、ずいぶんコロナで体がなまったなあというのも痛感した次第です。。。。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

イベント

1/1 賀詞交換会

 

元旦恒例催事、賀詞交換会をダイニングで行い100名近いご入居者の皆様と新年をお祝いいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に支配人により挨拶があり、今年はオリンピックイヤーということで、特別催事として共用部で放送を流したりと一緒に応援できるような機会を設けますと言う内容も紹介されました。

 

今年の夏は熱くなりそうですね♪

 

 

そして株式会社イフスコ・ヘルスケアからは料理長が皆様の健康を食で支えてまいりますと挨拶をしてくださいました。

 

そして、鏡開きと升酒の振舞いをさせていただきました。

 

左から、運営副支配人、介護副支配人、料理長、支配人

この4名で鏡開きが行われました。樽を割る時はやはり緊張します。

 

 

今年の樽酒は森田酒造の「ねのひ」という名古屋では有名な蔵元のお酒だそうで、縁起の良いお酒とのこと。

 

とても口当たりのまろやかなすっきりとした味わいの日本酒でした。

 

 

 

 

そしてプログラムの最後は「初吟」のご披露です。

吟詠サークルの皆様による縁起の良い演目が吟じられました。

その中でも丘 灯至夫 作の「日本を愛す」はとても明るく美しい詩で、感動いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても和やかで厳かな令和二年の交換会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント

12/26 お相撲さんと餅つき!鏡餅を作ろう

今年も、藤島部屋から力士をお迎えしての餅つき大会と、その餅で作った鏡餅をお正月のお飾りとしてお持ちかえりいただく、毎年恒例の行事を行いました。

 

今年は昨年から力士が1名増えて3名ご参加いただきました。

常陸號(ひたちごう)さん、藤佐藤(ふじさとう)さん、星飛(

せいと)さんの3名です。

常陸號さんが今回初参加となります。

 

早速餅つき開始です。

 

「練り」はじめると瞬く間にもち米がお餅に近くなっていきます。頃合いを見て搗いていきます。

「よいしょ!」の掛け声と共に「バチーン!!」という大きな音が会場に響きます。あまりの迫力にどよめきともとれる驚きの近い声が上がっていました。

そして、ものの数分で程よく弾力のある立派なお餅が搗きあがりました。

 

支配人が鏡餅を作るために「アチ!アチ!」と言いながらバットに餅を入れ替えてくれます。

お餅はできるだけ熱いうちにこねて丸めないとどんどん固くなって丸めにくくなってしまうので、スピードが命です!

ダイニング脇で待機していたスタッフが餅を丸め始めます。

 

次は入居者の精鋭お二人と、スタッフも少しお手伝いしての餅つきが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法被を羽織り、額にハチマキ!粋ですね!!

力強い餅つき、さすがです!!お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

さあ、最後の3回目は力士の皆様だけでの本気モードの餅つきです。

 

写真だけではなかなか迫力をお伝えすることができないのですが、その速さと力強さ、勢いと飛び散る汗・・・

 

圧巻です!(^^)!

 

素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました。

 

 

そして、餅つき後に2階ダイニングを訪問していただき、餅つきに参加できないご入居者にそれぞれのテーブルで記念写真の撮影をしていただきました。

大きな体のお相撲さんに少しびっくりしていらっしゃる方もおいででしたが、皆様楽しい時間をお過ごしくださったようです。

 

 

 

力士の皆様、本当にありがとうございました(#^^#)

来年の場所も怪我のないように頑張ってください。クラーチ溝の口関係者全員で応援しています!!

 

今年の鏡餅♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント

12/22  N響コンサート【第九】

今年の年末はNHK交響楽団の「第九」コンサートで外出企画を締めくくりました。

まず最初にランチを楽しんでいただきました♪

 

東京・白金台にある八芳園のレストラン「槐樹(えんじゅ)」で和食ランチを。

天候が今一つで雨がぽつぽつと降っていましたが、少しだけ素敵な庭園を散歩し、ほっとする空間の中でのひと時をお過ごしいただきました。

会場ロビーには願掛けができる七夕のようなツリーがあり、皆様それぞれの願いをカードに書いて飾っていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

槐寿では庭園を眺めながらお食事のできるテーブル席をご用意いただき、ランチコースを堪能していただきました。

・季節の摺流し・冬野菜の沢煮仕立て 枕崎産本枯れ節の香りをのせて・本日のお造り・本日の焼き魚・白御飯とちりめんじゃこ、みそ汁、香の物・季節の果物 です。

全て上品な味付けと舌触りの滑らかさ、ちょうどよい塩味が口に広がり大満足でした。

デザートの苺はヘタの部分を切って水平にお皿に盛られており、それを見た女性の皆さまは「お上品ね」「参考にするわ」など話題にされていました。私も参考にします(^^♪

 

 

そして、散策した庭園には立派な盆栽が展示されており、私たちを楽しませてくれました。中には樹齢500年というものあり、年月の流れを感じながら拝見させていただきました。庭園の奥にある池では大きく立派な錦鯉がたくさん泳いでおり、その大きさや美しさに感嘆の声を挙げていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりとお昼の時間を過ごしていただいた後はいよいよNHKホールへ出発です。

 

NHKホールでは前回同様に、専用の入り口を使わせていただきました。

※こちらは前回に撮った写真ですが、なんと前回も天気がイマイチだったのですね。。。※

 

 

 

ホールでは撮影が制限されるので写真はありませんが、年末と言えば「第九」、「第九」の音楽を聴くと年末を思い出します。

 

クラシック通でNHKホールを熟知されている方が今回の外出企画に参加されていて、いろいろな情報を教えてくださいました。

 

さあ、いよいよ年の瀬がせまってきました。

今年も残りあとわずか、やり残したことがないようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

facebookも随時更新中!!